子供の便秘は

成人を悩ませる便秘。
通常、排便は毎日行われているのが健康体です。
しかし、排便が3日以上なかったり、回数が週に3回もない場合、また、便が硬く、量が少ない状態を便秘といいます。
比較的に成人女性によく見られる症状ですが、近年では子供(乳幼児)にもみられるようになりました。
意外と、便秘になる子供は多く、お母さんたちの負担も多いものです。
子供はもちろん、お母さんやお父さんたちも苦しい思いをしないためにも便秘の原因や解消法をしっかりと学びましょう。


子供が便秘になる一番の原因は、大人のそれとは違い、便を排出する力が弱いことにあります。
排便が行われなくなると便が腸内にたまって硬くなります。
ただでさえ、排便する力がないのに便自体が硬くなってしまうと、排便に痛みが伴うようになり、それを我慢してさらなる悪循環となってしまうのです。


子供が便秘になりやすい時期にはパターンがあり、乳児期の母乳からミルクへ移行する期間、もしくは離乳食へと移行する期間、幼児期のトイレトレーニング期間、学童期の小学校への入学する期間に多くみられます。
また、小学校の時に排便することが恥ずかしくて我慢した経験はありませんか?これも便秘になるきっかけの1つです。
どの機関にもいえることが環境(食や生活スタイルなど)が変わったという点です。


子供の便秘による影響は、成人に比べ非常に大きいと言われており、特に学校へ通うようになってからは過敏性腸症候群になるリスクもあります。
では、子供が便秘にならないようにするのはどうすればいいのでしょうか?


<管理人推奨リンク>
頑固な便秘に困っていた方たちが自分の改善体験や対策の経験を載せているコミュニティサイトです …> 便秘 改善

Copyright © 2014 子供も便秘するの? All Rights Reserved.